お知らせ

大学のある街のトイレ アイデアコンペ 最終審査結果
2021年9月23日 大学のある街のトイレ アイデアコンペ 最終審査結果

令和3年に9月22日に、iU情報経営イノベーション専門職大学のホールで開催された大学のある街のトイレ アイデアコンペ最終審査会が行われました。

厳正な審査の結果、最優秀作品は、千葉大学の学生チームによる作品「小径と光のトイレ ー狭小を使いこなす墨田の街と共にー」となりました!

作品NO.14 小径と光のトイレ ー狭小を使いこなす墨田の街と共にー

千葉大学名誉教授の栗生明審査委員長の講評では、以下の点において特に優れていたことが、最優秀の決め手であったとコメントがありました。

・詳細なフィールドワークにより、文花・京島地区の特徴を踏まえたトイレ提案となっていること。

・トイレの壁が巨大なスクリーンとして活用でき、プロジェクションマッピングなど、大学の研究を地域が身近に体感できる仕組みであること。

・「見える清掃用具」をコンセプトに、地域住民と学生が清掃活動を通じた交流を誘発できる提案であること。

審査委員長 千葉大学名誉教授 栗生 明
最優秀に選ばれた千葉大学学生

 

最優秀賞を受賞した千葉大学の学生今回選ばれた作品アイデアをもとに、今後、墨田区が現在進めているあずま百樹園・キャンパスコモン整備事業で設計に反映し、令和5年度内に公園トイレとして設置する予定です。

あずま百樹園・キャンパスコモン整備事業

UDCすみだでは、「安全であること」「清潔であること」「維持管理しやすいこと」「ローコストであること」を念頭に、学生と共に、本作品をさらにブラッシュアップし、実施設計を進めていきます。

最終選考に出場した全5組の千葉大学学生

 

また、僅差で及ばなかった他の4組の作品についてはこちらからご覧いただけます。

今後の公園整備の参考にするため、ぜひ投票お願いします!

関連情報


UDCすみだ公式

墨田区公式

千葉大学

iU情報経営イノベーション専門職大学

UDCイニシアチブ